toggle
2017-10-11

セッションを提供する者としての心得

先日、RAS®セッションの創始者、
代表・松坂宏一さんより
このようなお知らせがありました。



クライアントさんに変わって欲しい、
良くなって欲しいという感覚が出たら、
律してください。

それは、
自分が上、
クライアントさんが、
下のエネルギーですから。

個性において対等。

クライアントさんの
個性に対する信頼がない
証明となります。

変わって欲しい、
良くなって欲しいがでるなら、

まず、『自分が』変わってください。
『自分が』良くなってください。




以上でした~。

RAS®セッションを提供する側は
つねに自分自身への
チェックを怠りません。

人間って、

個々の個性の違いはありますが、
だれでも対等であり、平等なんです。

この場合は、

セッションを提供する側と

セッションを提供される側。
それはただ「立場」が違うだけ。

それを比べることは全く意味がないし、
優劣は勿論ありません。



ちなみにRAS®︎では、
①RAS 認定ファシリテーター
②RAS 認定インストラクター
③RAS 代表
この3つの役割による
区分けしかありません。

そこに上下関係や優劣は、
ないのです。

①セッションを提供する人

②セッションを提供し、
ファシリテーターを養成できる人
③セッションを提供し、
ファシリテーターと
インストラクターを養成し、
RASセッションと本部を作った人

それぞれの役割があるだけで。

先にはじめた、後にはじめた、
ファシリだから、イントラだから、
からということでの
上下関係や優劣は一切ありません。

それぞれの役割において

自由で平等で対等に活動することが
できます。

この在り方について、、、

RAS®においてだから、
ということではなく。

「ひとの在り方」として

「世の中の在り方」として

これからは、

普通のことになっていくのだと、
私は信じて疑っていませんニコニコ



~はなことわたしも、命や個性において同等です~

そして、
その在り方をまずは自分から
実践でやっていくと決め、
日々精進しています〜!

カテゴリー
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。